水陸両用バス KABA 乗車記


今回の旅行の最終日、ニューウェルサンピア沼津で朝食を一番で取った後、すぐに山中湖に向けて出発し、水陸両用バスに乗車しました

結論から言うと、7歳と4歳の娘にとって水陸両用バスKABAの乗車は楽しめなかったようです

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バス乗り場横の駐車場は混雑した

ホテルを出て 08:40頃にバス乗り場に到着

始発である9時の水陸両用バス KABA に乗るためです

予約がいっぱいでこの時間しか取れなかったのです

沼津I.C. から御殿場I.C. まで高速を使い、山中湖湖畔のバス乗り場に向かいました
場所をキチンと調べずに向かったのですが、バス乗り場に水陸両用バスが二台いたのですぐわかりました

バス乗り場横の駐車場に車をとめます
このバス乗り場横の駐車場ですが若干少ないかもしれません
離れた所に駐車場あるようですが、繁忙期でも始発だから駐車できた気がします

案の定、バスに乗り終わった後に駐車場に向かうと満車でした

始発前はトイレが混雑する

車からバス乗り場に向かいます
到着して困ったことは、9時までバスの案内所しか開いてないこと

バスのチケット売場 兼 待合場所はお土産売り場が一緒の建物になっているのです
建物にはチケット売場付近とお土産売場付近の二ヵ所トイレがあるのですが、
始発前でお土産売場が開いていないので、お土産売場近くのトイレが使えません
なので、チケット売場の身障者用トイレ1個をバスに乗るみんなで使うことに

ここで、先客のおじいさんが鍵を閉め忘れてたらしく、気づかずに入った私たちは

おじいさんのうんち中な姿を見てしまいました・・・

出発前の写真撮影

トイレも完了で、バス乗り場に行くと既に水陸両用バスが2台あります

予約して引き換えたチケットにはバスの号車と座る位置が印刷してあるので、迷いません

水陸両用バスは二台あるらしく、アメリカ製と日本製

我が家は、アメリカ製の1号車です

バスに乗車する前に、子供たちには救命胴衣の装着をします

そして、バスの運転手が家族ごとに写真を撮影してくれます

撮影した写真は乗車後にチケット売場で売っています

我が家は、こういう写真は記念に毎回購入することにしてますので助かります

 

KABA バスへに乗る

撮影が終わるとバスへの乗車できます

ただし、指定席なので我先にと急ぐ必要はありません

バスに乗車すると、探検家の格好をしたガイドのお姉さんからうちわが配られます

この日は晴れており、9時ですが暑かったです

天井はビニールになっているのですが、それを透過して日光がくるんです

これは、昼だと辛いと思います・・・

この時点で、下の娘のテンションはダダ下がり

 

バスが出発するかと思ったら、1号車に乗るはずの乗客が遅れているらしく、
2号車が先に出発してしまいました。。。

遅れていた乗客も乗車し出発です!

ガイドのお姉さんがクイズを出したり案内をしてくれます

お姉さんは頑張っているのですが、ちょっと余計な感じ?がしました

これらのクイズとかがないと時間が持たないのでしょうか・・・

目の前が山中湖なのですが、直接向かいません

まずは、R136 を西側に走ります

途中で湖畔と反対側の森の中を通り、また R136 に出て、今度は東側に向います

そして、バスのりば付近を通り過ぎて、山中湖湖畔に向かいます

水陸両用車が勢い良く、湖に突入

この時だけ娘たちのテンションがアップ

 

湖から見える富士山はきれいでしたが、

子供たちは暑さのためかテンションが上がりません

 

そうこうしているうちに、陸上に上がって終了~

降りたのは 09:50 ごろでしたので、約 35 分くらいの乗車でした

水陸両用バス KABA。これは乗り物大好きな GEEK な男の子向けですね

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください