有明水再生センターを見学してみる


子供たちの夏休みが終わった最初の日曜日。

時間も空いたし、以前行った虹の下水道館に行って来ました。

リベンジ

虹の下水道館は、昼間付近を除いて一時間毎に職業体験を3つくらいずつ行っています。

以前、行ったときは下の娘は幼稚園児。

職業体験は小学生以上なので、下の娘は荒れました。

今回は、その時のリベンジです。

まずは、下水道洗浄体験

wp-1473082346690.jpg

今回、試すのは下水道掃除。

wp-1473082325346.jpg

ここで体験の予定。

濡れるため、カッパに着替え中。

着替え完了。

現場に向かいます。

きちんと作業告知板に記載。

周囲にコーン配置。

作業開始。

下水道管内の汚れを確認。

有明水再生センターを見学

また、今回のもう一つの目的として、前回は行わなかった有明水再生センターの見学。
虹の下水道館の窓から覗くと、有明テニスの森が見えますが、

その地下にあるのが有明水再生センター。ここに向かいます。

虹の下水道館内で、職員さんから見学の概要説明。

どうやら、2km くらい歩くとのこと。

エレベーターでみんなで 1F に降ります。

wp-1473082127782.jpg

向かうのは、森の下の部分。

まずは、建物周辺の説明。

wp-1473082532597.jpg

暑いです。

wp-1473082595000.jpg

この道路から有明水再生センターに突入。

トンネルに入ると、蚊、蚊、蚊、蚊、蚊、蚊、蚊!!!

案内してくれる職員さんもわかっているらしく、虫よけのスプレーを貸してくれます。

ただ、時すでに遅し。

娘を含む子供たちは、刺されまくり。

見学しに行く場合、虫よけスプレーをしていった方がいいかも。

また、刺された場合の対応として、キンカン的なものの持参が必要ですね。

wp-1473082642237.jpg

実際、入り口側には害虫駆除の機材があります。

蚊にさされた、子供たちのテンションは急降下。

下の娘は抱っこになってしまい、ここから先は写真撮ってません。

色々、見ましたが、すごく疲れました。

構内は暑いので、みんな汗だく。実際、職員さんがうちわも配ってました。

夏じゃなく冬とかだったら、また違うのでしょうか?

もう少し、下水道施設の説明が欲しかったなぁ、と。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください