新日本海フェリーに乗船


予約した部屋は特等和室
洋室だと子供がベッドから転落する可能性もありますしね

船内の案内所前にはエレベーターがあり、そのエレベーターで二階上の5階に行きます
同じ階にはビデオシアターとスイート、特等洋室があるのみです

5階に到着し、エレベーターを降りて少し進むと特等和室があります
今回、予約した部屋は右舷後方の部屋
新潟から苫小牧に向かうので、津軽海峡を超えるまでは陸側です

特等和室のドアを開けると、靴を脱ぐ場所があります
なんとスリッパが二組しかありません!!

やはりお金払ってない子供の分のスリッパはないんですね

ドアを開けて、左右に扉があります
左側の頑丈そうな扉を開けると、洗面台、トイレ、お風呂があります
押入れのような右側の扉を開けると、マットレスだけ入ってます。
押入れ前の土間?部分にはスーツケースがo置けそうなくらいのスペースがあります。
早速、その部分にスーツケースを置きます。

洗面台、トイレ、お風呂は、プラスチックのユニットバスではなく、タイル張りです。
トイレもウォッシュレットですね。
ウォッシュレットが必須な人にもうれしいですね。

ドアの目の前のふすまを開けると、六畳の和室です

六畳と言っても、若干小さめの畳なので、
天井の低さも相まって実質4.5畳くらい?の大きさに感じますね。

新潟を23:30出航というためか、既に布団は敷いてありました。
布団は、寝台列車のB寝台くらいの大きさでしょうか?
二枚の布団が隣同士に引いてあるのですが、さすがに子供二人の添い寝は厳しそう・・・。

「どうしようかなぁ〜」

と考えながら、船の案内を見てみます。
DVD などレンタルできる一覧がかいてあります。

その中に、なんと

「シーツ 100円」

と書いてあります!

押入れにマットレスも入ってたのは確認済みなので、
100円玉を持って、案内所に向かいます

出発直前のためか、部屋がどこにあるのか聞く人たちで案内所も混んでます。

ある程度、人の波が去ったので、

「シーツ借りたいんですが」

と聞いてみると、奥の部屋からシーツを持ってきてくれました。

早速、部屋に戻って、マットレスを強いて、シーツを被せます。
寝てみると、なんか柔らかい。
元々の布団のマットレスとシーツの間には敷パッドがあり、丁度良い硬さ。

しょうがないので、パパが柔らかいマットレス+シーツの布団に寝ることになりました。

そんなこんなしているうちに、いつの間にか新潟港を出航。

親たちは早く寝たいのに、子供たちはテンションアップ。

「ねむい〜」

と思いながら、眠気と戦うために売店でノンアルコールビールを購入。

部屋に戻って、子供をゴロゴロさせていると、船の揺れが気持よくなったようで。

やっと、子供たちが寝たのは1時過ぎでした・・・。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください