山梨宝石博物館は目の保養になる


風穴・氷穴を見たあとは、山梨宝石博物館

山梨は水晶の産地でありました。
ただ、もう水晶は大量には取れなくなりましたが、水晶加工で培った技術は、現在の宝石加工の技術となっています。

このため、山梨県にはジュエリーショップがたくさんあります。
山梨宝石博物館は、その名の通り、宝石がメインの博物館です。
各種の宝石を見ることができます。
博物館と同じ建物内に宝石ショップとカフェもあります。

宝石店が作った博物館ということでしょうね。

入館料を支払い、入館すると宝石が並んでいます。

写真撮影は個人で楽しむためだけとのことなので、ここには掲載してませんが、沢山撮りました。

宝石が50cm x 50cm のガラスケースに入って、そのガラスケースがいくつも並んでいるのですが、下の娘 4歳 100cm にとって見えない高さなのです。
上の娘 7歳 120cm にとっては余裕なのですが…。

このため、途中から下の娘を肩車するはめになってしまいました。

さすが宝石博物館を名乗るだけあって沢山の宝石が。

特にびっくりしたのはどでーーーーかい水晶が。

写真を見せられないのが残念です。

これはびっくりしました

 

宝石博物館の展示物の一つにオパールがあったのですが、その輝きを見た上の娘は、

「オパール欲しい」

と連呼してたまりません

 

家族の目の保養になりましたw

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください