子供連れでのパノラマグリーン乗車記


先日、岡山から高松へのマリンライナーのパノラマグリーンに乗りました。
子供連れで乗りましたので、その乗車記を

パノラマグリーンとは

まずパノラマグリーンがついているマリンライナーですが、岡山と高松を瀬戸大橋経由で結ぶ電車です。
パノラマグリーンは1列車に4席しかなく、プレミア感のあるグリーン指定席です。

事前にみどりの窓口なのでマリンライナーのパノラマグリーンと指定してグリーン券を購入しておく必要があります。
船橋駅のみどりの窓口で購入したのですが駅員さんも

「あー、あれね。一番前の席ですよね?」

と言うくらいなので、指名買いが多いのかもしれません。

岡山から乗車したのですが、子供に前面展望を見せたい場合、
CD席の方を指定しましょう。

AB席は瀬戸大橋を渡るときに東側になり、
運転席の後部になっているため少しだけ座席が高くなっています。
CD席は前には、大人ですと前面展望できる造りになっており、壁の高さは低いです。

今回の四国旅行でBCD席の3席を指定し、
CD席はママ+次女と長女でB席にはパパが座りました。

パパは心の中で叫びました。

「全く前が見えないじゃん」

と。

横を見てみるとD席に座っている長女も前が見えない様子。

CD席でも身長100cmの子供にゃ辛いのか」

と思い、パパがD席に移動して長女を膝抱っこします。
これでも見えず、パパがバックを抱っこし、そこに長女を座らせました。

「見えたー」

と前面展望にかぶりつきながら叫ぶ長女。
踏切や複線から単線、単線から複線のポイントを通過するたびに、

「ふみきりだー カンカンカンカン♪」
「線路がくっついたー」
「線路がわかれたー」

と説明してくれます。パノラマグリーンに乗せて良かったです。

長いトンネルを抜けると、瀬戸大橋です。
渡り始めると、側面の窓の景色が気になる長女。

「うわー海だー 緑色できれいー」

「でも緑色の海って汚いんだよ」

と心の中で思うパパ。
景色が変わるたびに興奮です。

長女が海の景色に夢中になっている間に、パノラマグリーンの付近を観察します。

パノラマグリーンの座席の後ろに絶妙な隙間があります。

電車に乗るとベビーカーの置き場に困りますよね。

新幹線に乗る場合、車両最後尾の席に座れれば、
座席と壁との隙間にベビーカーを置くことができます。
パノラマグリーンの後ろの隙間は新幹線のそれと同じ感じの空間。

子供連れにはパノラマグリーンがいいですよ。
ベビーカー持ちには尚更ですね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください