ありのみコースに行ってみた


12月の寒いなか、快晴だったのでありのみコースに行ってきました

ありのみコースとは?

市川市の東の外れ、松戸市と鎌ヶ谷市との境目近くにある市川霊園と市川動植物園に挟まれた場所にあります

近くには梨街道と言われる R464 が走っています

北総線の大町駅からも小学生なら余裕の近さです
鎌ヶ谷市のとある小学校の遠足コースらしいです

ちなみに、ありのみは梨の実のこと

梨のことをありって言うの?

 
と思いましたが、
梨=無しという響きになっちゃうので、有りの実にしてるらしいです
ちなみに、今回訪れるまで、ありのみコースはランニングコースだと思ってました

 
ちなみに、ありのみコースで、できることは下記3つです
・ランニング
・フィールドアスレチック
・バーベキュー

ランニング以外にもできることがあったんですね

駐車してみる

我が家から、頑張れば自転車でいけるのですが、今回は車で
R456 からではなく、市川霊園側から向かうと左手に駐車場が見えてきます
駐車場はありのみコース管理棟の北側にあるのですが、50台くらいは駐車できそうな広さです
土曜日の10:30くらいに到着したのですが、駐車場は混雑してません

車が駐車場に入ると、まずは警備のおじさんに駐車を促されます

駐車料金はどこでお金を払うんだろう?

 
と思いながら、ありのみコース管理棟に向かいます

すると、途中でおじさんが椅子に座って待っていて、駐車料金は 700円をお支払です

入場してみる

ありのみコースの管理棟は年季の入った建物感が
扉は大きい引き戸なんですが、自動ではなく手動
さらに、閉めてもキチンと閉まらずすきま風が

管理棟に入ると石油ファンヒーターではなく、石油ストーブの懐かしい臭いが漂っています

管理棟に入り、受付のお姉さんに入場料金を支払います
大人1,000円、小学生800円
確認してんませんが、支払いは現金のみだと思います

管理棟にはアイスや軍手などが売っています

なぜ軍手?バーベキュー用かな?

 
とその時は思ったのですが、その後必要性を感じるのでした

管理棟隣にはカレーなどの軽食コーナーや300円のコインロッカーなどもあります

あとから気付いたのですが、管理棟入り口に

JAF割引 50円/人 最大4名まで

 
の記載があり、JAFに入会しているパパはショック受けました…

フィールドアスレチックをやってみる

管理棟を出ると、目の前にはフィールドアスレチックコースのスタート地点が

仮面ライダー?が出迎えてくれます

右手に見えるのが軽食コーナーと管理棟近くのバーベキュースペースです

 

我が家の子たちもロープにつかまりながら横移動を頑張ります

ここまでで、2つのアスレチックをクリアしてます

 

次のアスレチックを見ると、”アスレチックあるある” の列ができ始めてます

ありのみコースの入場料金は、

若干高いなー

 
と思っていたのですが、そうしておかないと入場者数を制限できないんでしょうね

 

ちなみに、ありのみコースには全部で40以上のアスレチックがあります
それぞれ運動得点というのが設定されています

できた場合、2点、できなかった場合、0点

入場料金を支払うと、得点記載用の紙がもらえるので、その紙に記載します

 

アスレチックで見た目しょぼく、最初の方に設置されているのに、一番苦労したのは『5 歴史さかのぼり』

丸太が平均台のように設置されているのですが、丸太は固定されずに、チェーンのようなもので台の部分とつながっているのです

このため、歩くたびに揺れて、バランス力が求められ、苦労しました

 

ターザンロープが多い!

以前は、ある程度大きな公園に行くとターザンロープのような
ワイヤーが張ってあり、そこに滑車と紐がついている遊具が結構あったと思いますが、
昨今の流れで、使用中止とかになっているのが多くなっている気がします

しかし、ありのみコースには、ターザンロープがなんと4か所もあるのです

一番最初にあったやつ

 

平地にあるベタな感じです

2レーンあるので、二人同時にできます

二番目の坂を利用して、下るやつ

大人がやると、お尻がついちゃうかも

これも2レーンあるので、2人同時にできます

この辺で、手が冷たくなり、軍手の必要性を感じ始めます

 

池を飛び越えるやつで、池に落ちないように網が張ってあります

落ちる人でもいたのでしょうか

3レーンあるので、三人同時にできます

二人乗り禁止との注意書きがあり、監視のおじさんが二人いました

乗る為にロープを引っ張る必要がありますが、子供たちの分を引っ張り筋肉痛です

No. 29 くらいにある遊び場手前にあるターザンロープ

池を飛び越えるやつがすごいので、空いてました

アスレチックはキツイ!

ターザンロープもすごいのですが、歴史さかのぼり以外にも地味にキツイのが他にもあります
まずはロープに木の足場兼重りが吊るされており、そこを移動するやつ

大人だと足の大きさのせいで、足の乗せ場がなく、体力が奪われますし、
揺れるので周囲の人も要注意です

 

恐怖心ならこれ

高さが子供用だと思えません

網を登って頂上の棒をまたぐ必要があるのですが、頂上付近の網の目が細かくて
つま先が目の間に入らずキツイです

それに頂上付近は垂直
そのため、何人かの大人が諦めてました

 

これも恐怖心克服用

角度は厳しくないのですが、頂上の高いのと
チェーンの網の目が大きいので恐怖心倍増です

 

これは大人にキビシイ

狭くて、やっと通りぬけることができました

 

子供ひろばの滑り台

角度が子供用とは思えない急角度
さらに、滑る面が凸凹してるので首にダメージが

 

今までと比べると安心

ただ、冬なので落ちないように祈ります

あと、落ちないと言えば、写真は撮ってないのですが、新葛飾橋という足元が隙間があいた板でできた橋を渡るアスレチックで、幼稚園くらいの子供が板と板の間の隙間から 2m くらい下の地面に落ちていました!!

ケガしてなかったようなので、良かったのですが・・・。

このフィールドアスレチックを幼児とやるなら、

大人が先に行くよりも大人が後から監視しながらの方が良いかもです

休憩する

子供のひろばに来ると、たくさんの机といすがあります

どうやら、バーベキューの方用なんですが、冬なので誰もやってませんでした

周りの人たちはここで、買ってきたご飯を食べてました

我が家もここでご飯

トイレもこの付近にあります

大のトイレしかないので、小便器の案内の通り行ってみると・・・

建物の横に吹きっ曝しの状態で1台の小便器が

行ったときに使用中の方がいたので気まずくなりました

 

子供のひろばを進んでいくと、じゃぶじゃぶ池があります

夏は入れるのでしょうか・・・?

さらに、いくつかのアスレチックをやっていたら、いつの間にかスタート地点に戻ってきました

子供たちの

もう一周回りたい!

 
の声を遮り、1周だけで帰ってきました

これだけで2時間かかりました

最後に

一応、シートを持って行ったのですが、敷くようなスペースはないので、持って行く必要なかったですね

周囲の会話を聞いていると、2周くらいは回るようです

冬は寒いので軍手を準備し、大人もやる気で行った方が良いです

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください